インクジェット業者は看板やのぼり垂れ幕などを制作してくれる

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インクジェット印刷をしている業者は、看板やのぼり、垂れ幕などを通販販売方式で製作し、お客様の要望に応えています。週末のイベントに垂れ幕が必要で安価で作りたいなどのリクエストにも対応しています。1枚からなどの小ロットの印刷ができ、迅速に、かつ丁寧に対応をしてくれます。大判印刷機の出力幅は1mから最大5m幅になり、大型の看板製作にも適しています。
印刷する素材としては塩化ビニール製の粘着シートが多く用いられ、印刷後のシートを看板に張り付けて使います。看板用シート以外に垂れ幕用のビニールテント生地や、のぼり用のポリエステル生地など、様々な素材に印刷することが可能です。
なお、垂れ幕の縫製の後加工を含め全て自社一貫制作しているところなら価格もリーズナブルな価格で利用できます。

メーカーだけに頼らず自社品質テストを繰り返しています

インクジェット印刷を行っている業者は、高品質の証明を認証、取得しているところだと特に安心して依頼することができます。長く安全に使っていくために出力ができる印刷機を使用することはもちろん、素材にもこだわって制作をしている場合は信用がおけるでしょう。さらに印刷機のメーカーテストだけではなく、自社にてテストを繰り返して耐候性を確認した素材を使用しているかどうかもカギとなります。また、万が一のトラブル時の対応もどういった対応をどのくらいのスピード感でやってもらえるのかも考慮に入れた方がいいでしょう。看板やのぼりは発注者にとっては、自分たちの顔となるものですので、品質にはこだわっていて、その品質のこだわりの裏付けがしっかりあると安心できるところだとあると思います。

自社一貫生産だからできる手ごろな価格です

業務用印刷機として比較的安価なため、看板製作会社やデザイン会社などでも大判インクインジェクタープリントを導入している事業所が多くあります。機械を導入している事業所であっても、自社出力と出力サービス外注と使い分けていることが多くなっています。その理由としては、ラミネートや縫製などの後加工まで行うと手間がかかって大変で、大きなサイズや大量な場合は自社だけでは対応ができないからです。逆に少量の注文だと使いきれずにロスが発生してしまい、ラミネートの失敗でやり直しになると外注の方が結局安くなってしまいます。機械のメンテナンスなども意外と手間がかかり、経費も掛かるので外注を併用する事業所が多くなっています。
しかし、縫製などの後加工も全て自社一貫で行うことができるところなら、リーズナブルに利用ができるのでおすすめです。