インクジェット出力なら小ロットも可能に

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プリンターを分類すると2種類あり、一つはレーザー、もう一つはインクジェットがあります。前者は粉状のトナーを使い、後者は液体のインクを使うなど、利用する材料が異なります。インクはノズルから液体を噴射する仕組みで、レーザーは熱を利用して粉状インクを焼き付けるものとなっており、印刷においての相違点を持っています。
従来インク型のプリンターは、印字速度が遅い、印刷画質があまり良くないと言われていました。特に、液体インクを使うため普通紙などに印字を行うと紙がしわになりやすい、完全に乾くまでに時間を要するなど、使い勝手があまり良くありませんでした。
しかし今は技術の進歩により従来の弱点が少しずつ解消され、現在ではレーザーを上回る普及率になっています。最近では、印刷業界の中でも利用が行われることも増えており、印刷通販などでも利用が行われています。

大型タイプは看板製作にも役立てられている

元々、インクを使ったプリンターは家庭用として普及しました。パソコンが家庭に登場すると、今まで手書きで行っていた年賀状や暑中見舞いなどのはがき製作をパソコンで行えるようになり、はがきをプリンターにセットすれば大量印刷をすることも可能となったのです。現在では当たり前にように行われているわけですが、インクジェットプリンターが登場したことで当たり前のように行われるようになりました。
家庭用の場合は最大でもA3サイズまでの印刷が可能で、業務用の場合は看板などを製作する現場で最大幅が5メートルのサイズのものを印刷できるところもあります。ちなみに、印刷会社は印刷機を使って製作を行うだけでなく、こうしたプリンターを利用して看板やポスターなど、様々な印刷物を製作するところが増えてきています。

通販を利用して印刷の依頼が可能

イベントを行う時に必要になるものには看板やのぼり旗などがあります。従来制作会社に依頼を行って製作していたものは、現在では通販店を通じて発注ができるようになっています。さらに、オンデマンド印刷機などの普及で最短納期での製作も可能にするなど、スピーディーな対応を行ってもらえるので、便利だと感じている人も多いのではないでしょうか。
こうした通販店の場合、印刷機だけでなく大型のインクジェットプリンターを使って製作をすることも可能です。製版工程などが不要になる、印刷データを用意すればすぐに製作に取り掛かれるなどからも、即日発送が可能になっていますし、製作は1つから可能になるので、小ロットを希望する時にも便利です。

フルカラーインクジェットが格安な価格ですぐに届きます。 お支払いの際の振込手数料等はいずれも無料となっております。 ホームページ上でご注文内容のお見積書の発行が可能です。 カラー再現技術は無料配布の出力サンプルでご確認いただけます。 デザインデータの入稿はメールから宅急便まで様々な方法でお選びいただけます。 サイトでは商品の用途や特徴、価格など詳細情報をご確認いただけます。 インクジェットハウスは1枚の小ロットから垂れ幕が作れます